甘熟とまと

現代農業に掲載していただきました(4)

2015年12月号の現代農業誌に掲載していただきました。
e0110055_13340293.jpg
大雪に負けないハウス農業というコーナーに以前作った融雪装置について書きました。
e0110055_13341610.jpg
連棟ハウス融雪装置づくり」今年度の促成トマトも苗が順次開花したものからハウスに定植していますがこの冬はどんな気象条件になっていくのか分かりませんが良い結果を残せるように管理作業をやっていきたいと思います。

[PR]
# by imasa27 | 2015-11-03 13:35 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

スイングチャッキバルブ交換

深井戸に使っているスイングチャッキバルブを交換しました。夏ごろから井戸水を使っていないのに水中ポンプが作動することがありました、もしかしたら埋設管から漏水しているのかな?と思いましたがまずは大元の水中ポンプから点検を始めたらチャッキバルブから圧力水がポンプ側に落水していました。
e0110055_22005453.jpg
e0110055_22013246.jpg
ゲートバルブとスイングチャッキバルブ。
e0110055_22021415.jpg
チャッキバルブはスイング式とリフト式があるみたいです。
e0110055_22025367.jpg
チャッキバルブと圧力タンクをつなぐ配管を外します。ユニオン継手で止まっているので配管を切ることなく外すことができます、しかし取り付けて相当年数が経っているので600mmパイプレンチでユニオンを回そうとしても固くて回らないので単管パイプを柄にさして外しました。
e0110055_22083436.jpg
配管が外れました。
e0110055_22085772.jpg
チャッキバルブも固く締まっていました。
e0110055_22094034.jpg
外したチャッキバルブを見てみましたが極端に摩耗した様子は見られなかったです。圧力が常にかかるので微妙な摩耗でも水は漏れてしまうようです。
e0110055_22112656.jpg
圧力タンクの配管です、赤さびでコレステロールのようにこびりついています。
e0110055_22124858.jpg
新しく部品を取り付けて終了です。所定の圧力をかけて点検しましたがポンプ側に流れ落ちる音が消えているのでチャッキバルブの摩耗による経年劣化だったことに間違いないようです。井戸屋さんに来て修理してもらったらいくらかかるのか知りませんが無事修理終わって良かったです。
[PR]
# by imasa27 | 2015-11-01 22:19 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

ホースガイドローラー作り

消毒や灌水作業でホースを引っ張りながら各畝ごとに引き回すためにホースガイドローラーを今まで28個ほど作って使っていますが今回新しく9個ほど作りました。
e0110055_21520243.jpg
材料は13mm丸棒、32mmパイプ、3.2mm軟鋼板、平ワッシャーです。
e0110055_21532537.jpg
e0110055_21533816.jpg
初号機のホースガイドローラーから使っている治具です。所定の長さに切断した丸棒をアセチレンで炙って決まった角度に曲げるために作ってあります。
e0110055_21554985.jpg
今回は18本ほど曲げます。
e0110055_21565825.jpg
e0110055_21575012.jpg
回転するローラーを作るためにパイプに平ワッシャーをTIG溶接で溶加棒を使わずに共付けでとめる。半自動で溶接するとビードが盛り上がるのでパイプを直角に組んだ時スムーズに回転しなくなってしまいます。
e0110055_22014982.jpg
e0110055_22020047.jpg
パイプと平ワッシャーの溶接終わりです。メッキパイプなのでTIGの電極にメッキが飛び散って何回もタングステン電極を研ぎ直したので面倒でした。
e0110055_22040325.jpg
曲げた丸棒にパイプを入れ込んで丸棒の末端を90度に曲げます。
e0110055_22052738.jpg
e0110055_22055916.jpg
曲げ加工がすべて終わったらまたTIG溶接で共付けして組み付けます。
e0110055_22075193.jpg
地面に刺す部分の丸棒は末端を鉛筆のように少し削りました、これで土中に刺しやすくなります。
e0110055_22091570.jpg
今度はTIG溶接から半自動溶接で組み付けます。
e0110055_22100085.jpg
ホースガイドローラーはホースを引っ張るとかなり力がかかり土中に丸棒を刺しただけでは倒れてしまいます。それを防ぐために丸い鉄板で地面を支えるようにしています。
e0110055_22141337.jpg
e0110055_22142166.jpg
丸板を溶接したら完成です。
e0110055_22145649.jpg
e0110055_22151884.jpg
市販にも同様の商品はあるのですがプラスティックだったり、土中に刺す部分が短かったり、貧弱な細い鉄棒だったり、満足いく製品がないので頑丈なものが作れて満足です。
[PR]
# by imasa27 | 2015-10-19 22:23 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

2015農業エキスポ

幕張メッセで開催された2015農業エキスポに行ってきました。
e0110055_21582511.jpg
e0110055_21584149.jpg
初めて農業エキスポというイベントに行ったわけですが今回は家の光協会の地上と言う農業雑誌に農家代表というかたちで雑誌編集部の方々と一緒に見学してきました。
e0110055_21590359.jpg
e0110055_22013821.jpg
首から報道の文字入りのプレートをぶら下げて歩くのは恥ずかしいです。沢山の企業ブースを見歩いて質問したりして楽しい時間を過ごせました。
[PR]
# by imasa27 | 2015-10-16 22:11 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

接木養生室稼働!

8月に接木養生室を作ってから接木本番をむかえました。毎年9月中旬ごろに接木をやりますが今年は8月下旬から9月上旬にかけて天候が悪く、苗の生育を安定させるのに苦労しました。接木日近くになったら天候が安定して太陽光を十分にあびることができたので一安心しました。私の取り組む接木方法は幼苗チューブ接ぎと言うやり方で穂木と台木を完全に切り離してからお互いつけるやり方なので十分に光を浴びて体力のある苗、がっちりした木にしないと活着率に影響が出てしまいます。
e0110055_22532358.jpg
台木のトマト。穂木と台木を間違えてしまうといけないので播種トレイは白色を使っています。
e0110055_22543551.jpg
穂木のトマト。こちらは黒色のトレイを使います。
e0110055_22551449.jpg
幼苗チューブ接木にかならず必要な「スーパーウィズ」という補助具です。14号17号20号23号の数種類のサイズがあり号数が大きくなるほど太い茎に対応できます。私は17号サイズの小型のものを使います。
e0110055_22574989.jpg
チューブ接ぎで大切なのが苗の切角度です。チューブの中で台木と穂木を組み合わせますが、30度の切角度で切断するのが理想です。それを簡単に可能にするのが専用のカッターです、フェザーのカッターを愛用しています。以前スーパーウィズの販売元のナスニックスから販売されていたウィズカッターと言う商品があり買って持っていましたが替え刃のカミソリが販売中止になってしまったので今はフェザーの商品しか使えないです。
e0110055_23015548.jpg
台木の子葉から下を切り上げます、棒の状態にしてしまいます。
e0110055_23024710.jpg
台木の水の上げ具合を確認するのに切り口の水滴を見ます、水の上げが良い株は切断するとその部分に水滴が盛り上がってきます。
e0110055_23050757.jpg
台木をすべて切終えるとスーパーウィズを差し込んでいきます。
e0110055_23060203.jpg
穂木のトマトを切る準備をします、穂木は子葉と本葉の間を切ります。
e0110055_23063054.jpg
ある程度穂木を切ります。
e0110055_23073490.jpg
切った穂木の元株は使いません。
e0110055_23081269.jpg
チューブに台木と穂木の向きが合うように差し込んでいきます。
e0110055_23090477.jpg
接木の完成です。私は128穴のトレイを使っているのでこのトレイ1枚の接木を終えるのに30分程度かかります。台木を切ってからチューブを差す、穂木を入れ込むまでの一連の作業はノンストップでやらないと切断面が乾いてしまうので時間との勝負です。
e0110055_23112907.jpg
自作の接木養生室がフル稼働です、蛍光灯も良い感じで苗を照らしてくれます。午前10時~午後5時までの時間一人で接木作業をして11枚/128穴トレイ(1400本近く)が作業できる量です。
e0110055_23144378.jpg
カワバタ産業の霧たまplusが勢い良く霧を噴出してくれます。
e0110055_23164116.jpg
湿度100%にちかい環境なので接木したトマトも萎れがまったくでないです。
e0110055_23175388.jpg
接木の養生期間はどの程度が良いのかまだわからないのですが4~5日で育苗ハウスに出してみました。ハウスに並べて遮光しながら順化させて次は育苗ポットへの仮植が始まります。
e0110055_23212144.jpg
今回の接木の活着率をトレイ別にみると98%~80%程度でした。徒長もないし葉色を見ても養生中の体力消耗もかなり抑えられていると思います。結果的に接木養生室を作って良かったと思います。昨年までは小トンネルに遮光資材を使い、霧吹きで葉水と湿度を確保していたやり方だと養生期間が一週間程度とらないと萎れが激しくて育苗ハウスに移動できなかったです。それだけ初期から高湿度と光を与えるのやり方は活着に良い影響があると思います、来年も養生室を使っていきたいと思います。
e0110055_23303182.jpg
接木5日目の活着良好株(左)と不良株(右)  
[PR]
# by imasa27 | 2015-09-26 23:40 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

ドリル刃研磨

物作りするときにいつもお世話になるのがドリル刃です、これがないと穴開けができないので大事に使っています。ドリルドライバーやボール盤には直径1mmから0.5mm刻みで13mmまでのドリル刃セットを愛用していて、その他に13mm以上は15mm、16mmなどのノスドリル刃も必要に応じて買っています。またインパクトドライバー用に六角軸タイプのドリル刃も2mmから10mmまで買っています。私が持っているドリルは低価格のものを買っていますが、ノスドリルなどの径の太いものは4・5千円はするので簡単には買い替えはできません。
e0110055_18203527.jpg
丸軸ドリル刃
e0110055_18205715.jpg
インパクトドライバー用六角軸ドリル刃
e0110055_18213796.jpg
インパクト用のドリル刃は無理して使ってしまうので刃が飛んでしまうことが多いです、そこで両頭グラインダーでドリル刃を再研磨して使っています。研磨するときは必ずドレッサーで平らにしてから磨いています。
e0110055_18270667.jpg
グラインダーの手元台のところにドリル刃の角度118度がわかるようにケガキ線を描いています。
e0110055_18311524.jpg
3mmドリル刃。
e0110055_18312739.jpg
金属加工のイロハも習った事がない素人なので綺麗な穴は開かないのですが使う材料は軟鋼板だけなので十分かなと思っています、シンニング加工は何回も練習しているのですがまだまだ感覚が分からずできないので切刃のみ研磨しています。いつか旋盤屋さんの仕事を拝見することがあったらドリル刃研磨を見て見たいものです。
[PR]
# by imasa27 | 2015-09-22 18:41 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

真空播種器その5(トマト播種編)

自作の真空播種器は丸い裸種のキャベツ・ブロッコリー・白菜などは一粒播種ができるのですが、それ以外の扁平や細長い形の種子は素早く吸い付けることができないでいました。どうにか扁平した形のトマトの種を一粒播種できるように吸い付け部のパイプを細工してみました。今までの吸引パイプは直接種子を吸い付ける穴を開けていましたが、細いパイプを付け足してそれに種を吸着させてみれば安定して吸い付くのではと思いました。
e0110055_22281401.jpg
まず最初に128穴トレイのセル間隔を正確に測って穴を開ける準備をします。
e0110055_22291644.jpg
使う材料の一つで、ステンレスの内径0.8mmパイプ
e0110055_22300924.jpg
吸引パイプのベースは6mmステンレスパイプを使いました、そこに1.2mmのドリル刃で穴を開ける。
e0110055_22314854.jpg
ボール盤で慎重に穴開け。
e0110055_22322067.jpg
吸着させる内径0.8mmパイプは卓上糸鋸で切断しました。
e0110055_22330693.jpg
切断したパイプはバリが出ているのでやすりで磨いてから末端を斜めに削りあげる、こうすれば細いパイプをベースのパイプに根元まで差し込んだときに空気の通り道ができるので面倒でもやりました。
e0110055_22361562.jpg
ベースのパイプと細いパイプの接続は半田付けで固定。
e0110055_22371864.jpg
持ちてになる部分はチューブベンダーで曲げる。銅管ではないのでかなり固いです。
e0110055_22380491.jpg
細いパイプを拡大するとこんな感じです。
e0110055_22384953.jpg
トマト用真空播種器パイプの完成です。
e0110055_22392600.jpg
実際に吸引させてみると今までのパイプに穴を開けただけのときより瞬時にトマトの種が吸い付きました。
e0110055_22412720.jpg
一粒で吸い付くと気分が良いです。
e0110055_22421868.jpg
やっぱり複数吸い付いてしまうところもある。あれこれ考えていたものを実際に作り作業してみましたがまだ改良の余地はあると感じました。手播きだと3分50秒程度で128穴/枚播種できますがこの播種パイプは2分40秒から3分20秒程度なので劇的に作業が速くなるわけではないので2分は切りたいところです(ブロッコリーなどは最速45秒、128穴/枚)。それには確実に1粒で吸い付けることが条件なので今後もアイデアを考えて次作につなげたいと思います。今年のトマトの種まきはこの新しく作った播種パイプのおかげで首コリはなくなりました♪手播きで一粒づつ爪楊枝で種を付けてセル穴に落としていると目と首肩が疲れますからね。
[PR]
# by imasa27 | 2015-09-16 23:02 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

角パイプ柱移動&波トタン屋根延長

物置きに機械をしまったりするときにちょうど邪魔になる鉄骨の柱がある、あと30cmくらい離れていれば機械の出し入れが楽にできるのに・・・。それじゃ時間のできたときに柱の位置をずらしてみようと考えていました。
e0110055_23155612.jpg
まず事前に柱を移動する先の独立基礎を作っておきました。60cmほど穴を掘って石をひいて突き固めてから150mmの塩ビ管をボイド管がわりにしてそこに鉄筋を組んでアンーカーボルトを突き出しておきました。あとはコンクリートを流して基礎作りは終わり。
e0110055_23224934.jpg
丸い形状の基礎なので6mm鉄板を鋼コンパスでケガキしてから酸素切断機でカットして、ディスクサンダーで綺麗に丸くなるように研磨する。穴開けと柱を溶接して立てるときに中央になるようにケガキ線を書いておく。
e0110055_23255623.jpg
今回用意した材料。基礎部分のプレートと75mm角パイプ、波トタン屋根延長に使う50mmⅬアングル。角パイプの末端は鉄板で蓋をしました。
e0110055_23275742.jpg
柱を取り除くときに屋根が崩れないように事前に材木とダルマジャッキで屋根を支えてからディスクグラインダーで切り取りました。上部は10mmボルト2本で止まっているだけだったのでボルトを外すと簡単に柱はとれました。
e0110055_23302266.jpg
今回の溶接はTIG溶接ですべてやりました。なぜかと言うと木造物置に延長するかたちで鉄骨が使われているので被覆アーク溶接や半自動溶接だと火花のスパッタが飛び散る事によって火事が怖く、それを防止する火花養生するのが大変なのでスパッタが出ないTIG溶接が最適だからです。柱を除去したら延長する角パイプをぐるっと一周溶接してから補強材もあてて溶接しておきました。
e0110055_23382237.jpg
波トタンを延長するためにLアングルを計7本溶接しました。
e0110055_23392556.jpg
移動した柱。元の柱があった部分は鉄板で蓋をして溶接しました。
e0110055_23412973.jpg
グレーに塗装してさび止めです。
e0110055_23420809.jpg
最後にトタンを取り付けて作業完了です。これで機械の出し入れが楽になりました♪
[PR]
# by imasa27 | 2015-08-31 23:47 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

タモリ倶楽部ロケ参加

タモリ倶楽部の番組制作をされている会社から番組企画で手作りアイデア農機具を作っている農家を探していると連絡をもらい急遽ロケに参加することになりました。複数の農家も参加するらしく私の作っていたアイデア農機具のなかで真空播種器を取り上げたいと言われていたので持参しました。ディレクターの方と打合せをして収録の段取りを聞いてから出番までだいぶ時間がかかりました。テレビ番組にでるのは初めての経験なので緊張しましたが本番になるとタモリさんとなぎら健壱さん司会進行役にビビる大木さんの質問に答えながら進みあっと言う間に終わった感じがしました。行き帰りと収録で丸一日かかりましたが貴重な体験ができた一日だった。
[PR]
# by imasa27 | 2015-08-09 13:06 | 日常 | Trackback | Comments(2)

接木養生室完成

先月接ぎ木養生室作りのために鋼材を買ってきたので農作業の合間に少しずつ作り始めました。
e0110055_22013137.jpg
容量としては一段あたり9枚×7段で63枚の育苗箱がのせられるようにしました。育苗箱がのる棚部分はLアングルを使用しますが本数が必要なので一本づつ切断していると時間がかかってしまうのでLアングル材をまとめて重ねて切断しました。バンドソーは高速切断機と違って音も静かだし火花が出ないので使い勝手が良いですね♪ただ、鋸刃が部分的に欠けるとひっかかりができて回転がストップしてしまうことがあるのが難点かな。
e0110055_22173452.jpg
e0110055_22205019.jpg
e0110055_22210441.jpg
材料の切断と溶接を繰り返しながら枠と棚が完成し、移動が楽なようにウレタン製のキャスターを取り付けました。
e0110055_22260124.jpg
e0110055_22261175.jpg
計画ではこのまま被覆材を取り付ける予定でしたが、あれこれ接ぎ木について調べていると接木初日から光線があったほうが活着が促進されると知ったので光源になるものを取り付けようと考えました。養生室内は加湿器を稼働させて湿度100%を目指すので室内にLEDや蛍光灯などの照明をいれるのは防水加工ができないので無理だし危険だと思ったので被覆材の外側から電気を照射するように考えてみました。ネットで光の材料を探してみると植物育成用の波長をもった蛍光灯が販売されていたのでそれを選びました。
e0110055_22322849.jpg
今の世の中的にはLED照明なんだろうけど価格をみるとやっぱり蛍光灯でないと買えないです。とりあえず蛍光灯ユニットを3台分購入して、実際にどうやって養生室外側に取り付けるかあれこれ悩みました。
e0110055_22351970.jpg
取付方法が決まったらそのためのステーを溶接しました。溶接作業がすべて終わったらペンキを塗って床板をコンパネで作りました。
e0110055_22380512.jpg
そのあとはPOフィルムを張るためにビニペットと言うハウス用品があるのでフレームにビス止めして取り付ける。ビニペットを付けたらPOフィルムをたるまないように張り付ける。苗の出し入れする前部だけはフィルムを垂れ下げただけにしました。
e0110055_22424583.jpg
屋根部分の骨組みは水滴がついてボタ落ちしても良いように傾斜をつけて作っています。
e0110055_22444088.jpg
蛍光灯のユニットを取り付けます。
e0110055_22451007.jpg
養生室外側にボックスを取り付けて漏電ブレーカーと蛍光灯のスイッチ、加湿器用のコンセントを組み込みます。電気工事士の免許が役に立ちますね♪もっていてよかった。
e0110055_22470167.jpg
こんかい一番迷った買い物もが加湿器です。これは遠心式の加湿器でカワバタ産業の霧たまplusと言う商品です。使い方として高湿度の中で使うことが条件なので遠心式タイプでないとショートの原因になってしまいます。以前超音波加湿器で接木の養生をやっていたら基盤を焼いてしまったことがあるので。この霧たまplus加湿器は値段も手頃で霧の粒子も小さいし、ファンが剥き出しになっていないので安全だし、給水もホースをつなぐだけ、構造もシンプルなので故障の心配が少ないので嬉しいかぎりです。
e0110055_22552024.jpg
実際に稼働させると養生室内に細かい霧が程よい気流の流れで満たされていきます。
e0110055_22564181.jpg
育成用ランプを点灯させるとこんな感じで光ります。本来なら並べた育苗箱の真上から照射したいところですが、高湿度環境で使える照明器具が買えないので外の横方向からしかランプを当てることができないので残念です。
e0110055_23004279.jpg
最後にクランプメーターで加湿器と蛍光灯3台を稼働させた状態で電流値を計っておきました。 最近は接ぎ木は自分でやらずに専門の苗屋さんから購入する農家が増えていますが、買えばコスト増になるし苗を作る技術は身に付かないので自分でやることは続けていきたいと思っています。しかしながら促成トマトの接ぎ木をやる時期は非常に高温で活着させて良苗を生産するのが難しい季節です。毎年苦労しながら接木をやっていますが今回接ぎ木養生室を作ったことによって湿度と適度な光環境の中で良苗生産が少しでも以前よりできればと思っています。
[PR]
# by imasa27 | 2015-08-03 23:08 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

農業とフリークライミング、溶接、手作り農機具のDIY日記
by 甘熟とまと
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログジャンル

フォロー中のブログ

最新のコメント

まさとさんコメントありが..
by imasa27 at 12:41
はじめまして。 私もビ..
by まさと at 17:58
> クラフト親父さん ..
by imasa27 at 22:21
初めまして。 トラック..
by トラックショップジェット at 15:04
いいですね~。小さいお子..
by クラフト親父 at 18:09
クラフト親父さんコメント..
by imasa27 at 21:17
すばらしい! 随所に工..
by クラフト親父 at 17:03
Kawaさんコメントあり..
by imasa27 at 22:42
自分で直してしまうなんて..
by Kawa at 00:20
> クラフト親父さん ..
by imasa27 at 22:26

プロフィール


居住地:埼玉
性別 :♂
年齢  :三十代
職業  :専業農家
趣味 :溶接:被覆アーク溶接:半自動溶接:交直流TIG溶接:ガス溶接溶断までやります&手作り農機具&修理&DIY&フリークライミング

*高校山岳部時代にクライミングを体験してはまる。
当時は民間ジムに行くお金がなかったので、千葉県の野田市体育館に併設の壁で登っていました♪
卒業後は8年ほどクライミングから離れ冬眠しバイクに熱中!!
そして最近「ミストラル」があることを知りクライミング復活!!
オーナーさん&常連さんの課題で特訓中♪
2010年秋ごろからクライミング日数が激減。
細々とクライミングやっているようなやめているような感じで続けています。



画像一覧

検索

ファン

イラスト:まるめな