甘熟とまと

カテゴリ:工作・修理( 166 )

垂直型被覆材巻取り器

最近更新するのが何か道具を作った時くらいしかしなくなりました、クライミングは2・3カ月に1回くらいしかやれなくなってしまったのでもう趣味とは言えないですね。Twitterもぼちぼち何か書こうかと思っていた矢先、仕様変更したらしくガラケーからは閲覧もできなくなったのでアカウントを残しているだけで何もできない状態です(パソコンからはTwitterはできますが面倒なので)こんな更新頻度の低いブログでも閲覧してもらえてうれしいかぎりです♪。
ついこの前新しく作った道具が完成したのでアップします。今回作ったのは垂直型の被覆材巻き取り器です、以前も被覆材巻取り台を作りましたがこれは水平状態で巻き取る方式でした。
被覆材巻取り台制作
何故あたらしく作ったかと言うと以前のは効率は悪くないのですが道具の点数が多いので軽トラや運搬車の荷台に占める割合がおおいのが難点でした。そこで持ち運び点数が少なく水平型より楽に被覆材を半分に折り畳みながら巻き取るために垂直型の巻取り器を作りました。

巻取り部を垂直にしていかに回転させるかが一番のポイントで悩んだところでした。以前コンバインを買い替えて古いコンバインをばらして部品の山にしておいたところで使えそうな部材がないか探してみたら回転を直角に変える部品がありました。
e0110055_22054968.jpg
そのままでは使えないので余分な部分をばらせるだけ分解する。
e0110055_22060908.jpg
こんな感じに作れるかな?とイメージしながら余分なシャフトを切断。
e0110055_22070499.jpg
外に放置しっぱなしの部品だったのでベアリングが駄目になっていたので型番を見ながら注文しました。
e0110055_22082567.jpg
こんな形で良いかな?と考えながら新しく部品を溶接して取り付けて、後日色塗りする。
e0110055_22100319.jpg
回転させるハンドルも一から作る。
e0110055_22120257.jpg
コンバインの廃材部品から巻取り器完成♪
e0110055_22125379.jpg
巻き取り器本体とズレ下がり防止の丸板と被覆材の分割支柱の3点。
e0110055_22141513.jpg
巻取りの芯は塩ビのVU管をセットして、ネットがズリ下がらないように丸板をかぶせる。2100mmの防虫ネットを半分に折り畳みながら巻きとるために、巻き取り器本体前に分割支柱を立てる。
e0110055_22161076.jpg
最初に少しVU管にネットを手で巻き付かせてからあとはハンドルを回転させるだけでクルクル回って防虫ネットが半分に折り畳みながら巻き取っていく。
e0110055_22200837.jpg
一人作業で50mネットを巻取り時間2分切りました!!!かなり省力できることが分かったのでこれからは水平型ではなくこの垂直型の巻取り器が活躍しそうです♪
e0110055_22225027.jpg
100mのパオパオを巻き取ってみました♪満足満足(*^-^*)
e0110055_22310945.jpg

[PR]
by imasa27 | 2015-04-16 22:34 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

改良乗用式ライムソーワ

e0110055_21274138.jpg

e0110055_2127419.jpg

e0110055_21274121.jpg

e0110055_21274149.jpg

e0110055_21274178.jpg

うちに古くからあるテーラー牽引式ライムソーワがあります。
牽引と言っても人間はテーラーと一緒に歩くので大量に散布するときは疲れるので乗用式に改良してみました。
改良と言ってもライムソーワ本体とヒッチをつなぐパイプを途中で切断して手近にあったガス管を溶接して延長しただけです。
肥料を投入するホッパーに蝶番を使って簡易な椅子を取り付けて、足おき部分もガス管で作りました。
さっそく鶏ふんを100kgほど散布してみましたが楽に作業できて大満足です、次に違う畑で600kg散布しようとしたら問題発生。畑が乾いて表面がやわらかすぎてタイヤが潜ってスリップしてしまいテーラーが前になかなか進まなくなってしまいました。
仕方ないので前部ウェイトに肥料袋で30kg乗せて荷重をかけてなんとか作業できました、しかし疲れた。
作業的にはライムソーワよりブロードキャスターが速くて良いと思うけど都市部農業では埃が大量に舞うブロキャスはうちの農業形態には合わない作業機だと感じる。
今回やわらかい乾きすぎの畑で大変な思いをしたのでテーラーで作業するのはやめてGB15トラクターで牽引する方式に変えようと考えています。
トラクターで引っ張ればかなり身体が楽になると思う♪やりたいこと、ためしてみたいことが沢山ありすぎて農業楽しいです(^w^)
[PR]
by imasa27 | 2015-03-28 21:27 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

泥落とし棒

e0110055_1322318.jpg

e0110055_1322383.jpg

e0110055_132234.jpg

冬場や雨降りで作業すると靴の底が重くなるほど泥がくっついてしまいます。
作業場に戻ってくると泥落としマットでドンドンガリガリ靴底をこすりつけても思ったより泥が落ちないものです。
そこで棒で靴底を叩いてあげると簡単に落とすことができます、なのでその棒を専用の泥落とし棒として作ってみました。
作ると言っても簡単なもので廃材の19mmパイプにグリップを取り付けて、掃除用具をぶら下げる用のワンタッチフックも壁につけました。
快適農業ライフをおくるためのアイデアがまたひとつ形になりました(^w^)大げさですが…。
[PR]
by imasa27 | 2015-02-19 13:22 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

連棟ハウス融雪装置づくり

連棟ハウスで困るのは雪が連棟の谷間に残ってしまうことです、巻き上げサイド側は雪が自然と地面に落ちてしまうので問題ないのですがこの谷に残ってしまう雪は2~3日は屋根に溶けるまであるので影にもなるし結露でハウス内に水滴が落ちてきてトマトがびしょびしょに濡れてしまう害が出てしまいます。毎年数回の積雪があるのでどうにかして雪を融かすことができないか考えていました。一番手っ取り早い方法は促成トマトを栽培しているので重油ボイラーの設定温度を上げてハウス内温度を上げることによって屋根の雪を融かすことが良いかと思います、がしかし重油の値上がりが激しく90円/ℓを超える年もあったのでうかつに燃料を使えないのが苦しいところです。そこで地下水と灌水チューブを利用した消雪を試みてみることにしました。
e0110055_18562132.jpg
まず最初に作ったのが連棟ハウス谷部の雨どいに灌水チューブを15cmほど浮かして設置するためのベースを17本作りました。材料は建築で使用されている軽天材とフラットバー、19mmパイプ、19mmパイプと灌水チューブを挟み込むストッパー。このベース台を作らずに直接雨どいに灌水チューブを置くと斜め方向に飛ぶ水流が雨どいのふちにあたってしまい水が飛ばないのです。ベース台となる軽天材料は安くて軽いのが特徴ですが肉厚が0.5mmしかないので溶接するのが難しかったです、19mmハウスパイプの1.1mmでさえ厚く感じました。気合入れて溶接しないと一瞬で穴あきしてしまうので疲れました。
e0110055_20013007.jpg
e0110055_20030386.jpg
溶接後にさび止めのスプレーをしてからハウスの雨どいに設置しました。
e0110055_20032260.jpg
今シーズンはいつ雪降るのかな?と思っていましたが、1月30日に5cm程度の積雪がありました、明け方から降り始めて朝の8時前ごろから水を流し始めました。灌水チューブは住化農業資材の露地ワイドを使用しているので10m位の幅で散水できていると思います。
e0110055_20045609.jpg
e0110055_20073924.jpg
昨年の大雪と比較するとたいした降り方ではなかったのですが十分雪が融けることがわかりました。消雪装置と言うには大げさですが他でこのようことをやっているのを見たことがないので効果があるのかないのかわからない状況でスタートしたので一先ず結果的には良かったかなと言う印象でした。地下水を利用しているので水温が15度はあるので雪は融けやすいと思います、しかし、降る雪の水分や量、気温によっても融けやすさは変わると思うので今後も雪が降る度に使用してみたいと思います。
e0110055_20223539.jpg
灌水チューブのベース台を作ったあとに制作したモーターポンプ台ですが、当初はヒューガルポンプを取り付けていましたが圧力のかかりが弱かったのでコウシンのパブールポンプに取り換えました。これで2つのハウスに設置した消雪装置に水を押し上げることができるようになりました。

[PR]
by imasa27 | 2015-01-30 20:36 | 工作・修理 | Trackback | Comments(2)

ポンプ&モーター台溶接制作

地下水を汲み上げるのにエンジンポンプを使っていますが、音が静かなモーターを使用したポンプに切り替えるために台を制作しました。
e0110055_13314805.jpg
使った材料は50mm×50mmの角パイプ。1.6mm鉄板、75mmキャスター、50mmヒューガルポンプ、1.5kw屋外用モーター、動力用押釦開閉器露出防水形過負荷保護付き、鍋屋バイテックイソメックSPプーリー、VCTケーブル、ボルト類。
e0110055_13373709.jpg
まずはポンプとモーターをのせる台を角パイプで溶接してつくる。角パイプなので枠の四隅に穴があいてしまう部分ができるので指などが入らないように鉄片をあてがって溶接して蓋をします。
e0110055_13405039.jpg
乗せる台が完成したらポンプとモーターを仮に乗せてみて、プーリーの間隔を確認したら巻き込み事故防止のためにベルトカバー作りにはいる。これは1.6mm鉄板を使って材料を切り出します。
e0110055_13410763.jpg
切り出した材料を曲げつつ、点付けで溶接して少しづづ作業を進めていきます。本当は1.2mmの鉄板のほうが曲げるのが楽なのですが、手持ちの材料の1.6mmが残っていたのでこれを使います。
e0110055_13440109.jpg
ポンプは今回1700回転弱で回せればよいと考えているので計算してモーター側のプーリーを3.5インチのものを選びました。プーリーはホームセンターでも扱っていることもありますが、欲しいサイズはなかなか売っていないのが現状です。ベルトサイズ、ベルトのかけ数、軸内径、キー溝幅、プーリー外径、新JIS・旧JISなどかなりの違いがあるのであるかないかわからないで買いにいくよりネットで購入したほうが得策です。今回購入したのが鍋屋バイテックさんのイソメックプーリーと言うものを買いました。これはベルトサイズ、かけ数、外径をまず選んで、次に軸に合うブッシングを選んでその両方を組み合わせて使用するタイプのプーリーです。実際に取り付けてみると良く考えられた製品だなと感じました。
e0110055_13470708.jpg
今回はエンジン駆動のポンプではなくモーターが動力源なのでスイッチにたんなる防水型押釦開閉器を使わずに過負荷防止付のタイプを選びました。水を汲み上げているときにずっと人が見ているわけではないのでもし何かしらのトラブルが発生してモーターに過負荷がかかったときに自動で電源をシャットダウンできるようにしたかったのです。このタイプのスイッチにすると値段もグッと上がりますけど安全のためには変えられません。
e0110055_13595056.jpg
e0110055_14071390.jpg

[PR]
by imasa27 | 2014-12-31 14:14 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

刃物研磨機修理

e0110055_21290239.jpg
e0110055_21302189.jpg
e0110055_21325038.jpg
e0110055_21332146.jpg
e0110055_21333400.jpg
秋から年末にかけて露地野菜の収穫が忙しいですが収穫に欠かせないのが包丁です。キャベツやブロッコリー、レタス、白菜、ネギの葉落としなど毎日使います。使用頻度が高ければとうぜん切れ味も落ちてくるのでマメに研いでいます。一般的な長方形の水砥石もありますがだいぶ昔(平成3年)に父親が日立の刃物用研磨機を買っていたのでそれを今だに使っています。これは円盤状の砥石をモーターで回転させて刃を研ぐ機械で、砥石上部にある水タンクから水を流しながら研いでいきます。これだと手早く包丁に刃をつけられます。今までメンテナンス(するところもない?)しないでも問題なく使えていました。そんなある日研いでいたら回転が不安定になりそのまま止まってしまいました。砥石を手で動かそうとしても回転が重くてモーターが壊れてしまったと思いました。その日の農作業を終わらせて直るかどうか点検がてら分解してみました、モーター単体にしてみると軸も軽く回転して、電源を入れてみると何事もなく動きました。モーターから減速するギヤと出力軸を見るとそこに使っているベアリングが固着していました。原因はベアリングでした。型番を確認してホームセンターでも売っている汎用ベアリングだったので買ってきました(二個で1500円くらい)ベアリングを取り換えてグリスをたっぷり入れて研磨機の修理は終わり。メーカーから取り寄せないといけない部分の部品の故障ではなかったので良かったです。
[PR]
by imasa27 | 2014-12-29 21:51 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

内線受話器移動

e0110055_2137268.jpg

e0110055_2137356.jpg

e0110055_2137367.jpg

e0110055_2137349.jpg

e0110055_2137378.jpg

あんまり使わないけど不便なのが家の内線電話機。壁に取り付けてある据え置き型の台(電子レンジと炊飯器置き台)の壁に受話器が取り付けてある。受話器を取ろうとするとかなり奥まっているので非常に取りにくい場所です。
そこで都合の良い数十cm離れた所に受話器を移設することにしました。
受話器に入る線は4芯コードが3本あって接続されているのが10本、あと電源の100Vがつないであります、配線間違いがないように紙に番号と色を書いておきました。
まずは移動先の石膏ボードと合板に穴を開けて、元々の場所と新たに移動する場所の間に仕切りの板があるのでそのままではケーブル類が通らないので木工キリで穴開けをして、延長する1.6VVFと4芯ケーブル3本を2mmの針金を通線道具にして引っ張ってケーブルを壁中を通します。
延長するインターホンケーブルは間違えないように絶縁閉端接続子でカシメて接続、VVFはリングスリーブでカシメてテープで絶縁処理して延長は終わり。
最後に受話器にコードと電源を接続して移設完了です。
いつかやりたいなと思っていましたがようやく作業できて良かったです♪
[PR]
by imasa27 | 2014-12-28 21:37 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

三輪車改造(3)

e0110055_17492855.jpg

e0110055_17492894.jpg

e0110055_17492840.jpg

e0110055_17492821.jpg

冬になると暗くなるのも早くなりますが三輪車にライトをつけてあげました。
ハンドルに直接バンドで取り付けるライトなんだけど以前取り付けた前カゴに光が当たって照らすことができないのでライトの位置を上側に取付できるようにステーを作りました。
丸パイプとパイプに指を入れないようにする為に丸板を切り出して溶接して蓋をする、パイプに足を付けたら前カゴのステーに溶接して作業終わり。
これで夕方まで三輪車で遊んでも安心して帰れます♪
赤色のライトが気に入ってもらえて良かったです(^w^)
[PR]
by imasa27 | 2014-12-16 17:49 | 工作・修理 | Trackback | Comments(2)

一斗缶ちりとり

e0110055_13385124.jpg

e0110055_13385183.jpg

e0110055_1338526.jpg

e0110055_13385275.jpg

e0110055_13385245.jpg

お金を出せば何でも買えるし自分で作るより手軽で完成度の高いものが巷には溢れていますが、あえて自分で暇をみつけて作ってみたのが一斗缶を利用したちりとりです。
ゴミで出た一斗缶を奇麗に洗って、ケガキ線を書いてから切り出し。
切った部分は鋭利で危ないのでペンチで折り曲げたらトンカチで叩いて成型する、それを2回繰り返して二重に折り重ねる。
そうすることによって縁で手を切る心配もないし二重に折り曲げているので強度を期待できる。
板金作業が終わったら持ち手作りをする、適当な材木に握る部分が痛くないようにトリマーで面取り加工して最後にヤスリがけして持ち手作り終わり。
持ち手とちりとり本体をM4のボルトで固定したら完成V(^-^)V
トマト作業で忙しいけど仕事を忘れられる工作時間が至福の時間です。
[PR]
by imasa27 | 2014-11-11 13:38 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

娘の傘修理

e0110055_1394081.jpg

e0110055_1394034.jpg

e0110055_1394054.jpg

e0110055_1394042.jpg

e0110055_139406.jpg

最近物が調子悪かったり壊れたりすると直して欲しいと娘が持ってくることが多くなった。
傘が開かなくなったみたいで点検してみると傘の骨をまとめている中心部分の針金が切れてバラバラになっていました。
量販店で売っている安い傘だから買い換えても良いのだけど子供って何故かこだわりがあるようでこの傘じゃなきゃ駄目!
って感じなので直してみました。
手持ちの針金が0.5mmしかなかったのでそれを使いましたが切れた物は0.7mmを使用していました。
今度ホームセンター行ったら0.7と1.0mmの針金を買い足しておこうと思った。
針金を傘の骨の穴に順番に通して最後に緩みが出ないように締め上げて修理完了です。
[PR]
by imasa27 | 2014-11-04 13:09 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)

農業とフリークライミング、溶接、手作り農機具のDIY日記
by 甘熟とまと
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログジャンル

フォロー中のブログ

最新のコメント

まさとさんコメントありが..
by imasa27 at 12:41
はじめまして。 私もビ..
by まさと at 17:58
> クラフト親父さん ..
by imasa27 at 22:21
初めまして。 トラック..
by トラックショップジェット at 15:04
いいですね~。小さいお子..
by クラフト親父 at 18:09
クラフト親父さんコメント..
by imasa27 at 21:17
すばらしい! 随所に工..
by クラフト親父 at 17:03
Kawaさんコメントあり..
by imasa27 at 22:42
自分で直してしまうなんて..
by Kawa at 00:20
> クラフト親父さん ..
by imasa27 at 22:26

プロフィール


居住地:埼玉
性別 :♂
年齢  :三十代
職業  :専業農家
趣味 :溶接:被覆アーク溶接:半自動溶接:交直流TIG溶接:ガス溶接溶断までやります&手作り農機具&修理&DIY&フリークライミング

*高校山岳部時代にクライミングを体験してはまる。
当時は民間ジムに行くお金がなかったので、千葉県の野田市体育館に併設の壁で登っていました♪
卒業後は8年ほどクライミングから離れ冬眠しバイクに熱中!!
そして最近「ミストラル」があることを知りクライミング復活!!
オーナーさん&常連さんの課題で特訓中♪
2010年秋ごろからクライミング日数が激減。
細々とクライミングやっているようなやめているような感じで続けています。



画像一覧

検索

タグ

ファン

イラスト:まるめな