甘熟とまと

カテゴリ:仕事( 97 )

小型トラクター

購入予定はないけど10馬力台のトラクターを各社見ていると井関が良いなと思った。
e0110055_23171573.jpg
井関トラクターTM165は変速段数前進9・後進9段で、1123ccのエンジンで16馬力を出力している。トラクターで作業するときに変速段数が多いほうがより良い作業ができるのでこの9段は他社にはない強みだと思う、この馬力帯だと6段変速で後進2段と言うのが一般的なのでTM165は魅力的だな。
しかも上位馬力クラスについている機能の一つの旋回時作業機自動上昇がついているのもすごい!


[PR]
by imasa27 | 2016-03-06 23:38 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

現代農業に掲載していただきました(4)

2015年12月号の現代農業誌に掲載していただきました。
e0110055_13340293.jpg
大雪に負けないハウス農業というコーナーに以前作った融雪装置について書きました。
e0110055_13341610.jpg
連棟ハウス融雪装置づくり」今年度の促成トマトも苗が順次開花したものからハウスに定植していますがこの冬はどんな気象条件になっていくのか分かりませんが良い結果を残せるように管理作業をやっていきたいと思います。

[PR]
by imasa27 | 2015-11-03 13:35 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

2015農業エキスポ

幕張メッセで開催された2015農業エキスポに行ってきました。
e0110055_21582511.jpg
e0110055_21584149.jpg
初めて農業エキスポというイベントに行ったわけですが今回は家の光協会の地上と言う農業雑誌に農家代表というかたちで雑誌編集部の方々と一緒に見学してきました。
e0110055_21590359.jpg
e0110055_22013821.jpg
首から報道の文字入りのプレートをぶら下げて歩くのは恥ずかしいです。沢山の企業ブースを見歩いて質問したりして楽しい時間を過ごせました。
[PR]
by imasa27 | 2015-10-16 22:11 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

接木養生室稼働!

8月に接木養生室を作ってから接木本番をむかえました。毎年9月中旬ごろに接木をやりますが今年は8月下旬から9月上旬にかけて天候が悪く、苗の生育を安定させるのに苦労しました。接木日近くになったら天候が安定して太陽光を十分にあびることができたので一安心しました。私の取り組む接木方法は幼苗チューブ接ぎと言うやり方で穂木と台木を完全に切り離してからお互いつけるやり方なので十分に光を浴びて体力のある苗、がっちりした木にしないと活着率に影響が出てしまいます。
e0110055_22532358.jpg
台木のトマト。穂木と台木を間違えてしまうといけないので播種トレイは白色を使っています。
e0110055_22543551.jpg
穂木のトマト。こちらは黒色のトレイを使います。
e0110055_22551449.jpg
幼苗チューブ接木にかならず必要な「スーパーウィズ」という補助具です。14号17号20号23号の数種類のサイズがあり号数が大きくなるほど太い茎に対応できます。私は17号サイズの小型のものを使います。
e0110055_22574989.jpg
チューブ接ぎで大切なのが苗の切角度です。チューブの中で台木と穂木を組み合わせますが、30度の切角度で切断するのが理想です。それを簡単に可能にするのが専用のカッターです、フェザーのカッターを愛用しています。以前スーパーウィズの販売元のナスニックスから販売されていたウィズカッターと言う商品があり買って持っていましたが替え刃のカミソリが販売中止になってしまったので今はフェザーの商品しか使えないです。
e0110055_23015548.jpg
台木の子葉から下を切り上げます、棒の状態にしてしまいます。
e0110055_23024710.jpg
台木の水の上げ具合を確認するのに切り口の水滴を見ます、水の上げが良い株は切断するとその部分に水滴が盛り上がってきます。
e0110055_23050757.jpg
台木をすべて切終えるとスーパーウィズを差し込んでいきます。
e0110055_23060203.jpg
穂木のトマトを切る準備をします、穂木は子葉と本葉の間を切ります。
e0110055_23063054.jpg
ある程度穂木を切ります。
e0110055_23073490.jpg
切った穂木の元株は使いません。
e0110055_23081269.jpg
チューブに台木と穂木の向きが合うように差し込んでいきます。
e0110055_23090477.jpg
接木の完成です。私は128穴のトレイを使っているのでこのトレイ1枚の接木を終えるのに30分程度かかります。台木を切ってからチューブを差す、穂木を入れ込むまでの一連の作業はノンストップでやらないと切断面が乾いてしまうので時間との勝負です。
e0110055_23112907.jpg
自作の接木養生室がフル稼働です、蛍光灯も良い感じで苗を照らしてくれます。午前10時~午後5時までの時間一人で接木作業をして11枚/128穴トレイ(1400本近く)が作業できる量です。
e0110055_23144378.jpg
カワバタ産業の霧たまplusが勢い良く霧を噴出してくれます。
e0110055_23164116.jpg
湿度100%にちかい環境なので接木したトマトも萎れがまったくでないです。
e0110055_23175388.jpg
接木の養生期間はどの程度が良いのかまだわからないのですが4~5日で育苗ハウスに出してみました。ハウスに並べて遮光しながら順化させて次は育苗ポットへの仮植が始まります。
e0110055_23212144.jpg
今回の接木の活着率をトレイ別にみると98%~80%程度でした。徒長もないし葉色を見ても養生中の体力消耗もかなり抑えられていると思います。結果的に接木養生室を作って良かったと思います。昨年までは小トンネルに遮光資材を使い、霧吹きで葉水と湿度を確保していたやり方だと養生期間が一週間程度とらないと萎れが激しくて育苗ハウスに移動できなかったです。それだけ初期から高湿度と光を与えるのやり方は活着に良い影響があると思います、来年も養生室を使っていきたいと思います。
e0110055_23303182.jpg
接木5日目の活着良好株(左)と不良株(右)  
[PR]
by imasa27 | 2015-09-26 23:40 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

ネナシカズラ

e0110055_21425771.jpg

e0110055_21425757.jpg

e0110055_21425737.jpg

e0110055_21425751.jpg

e0110055_21425735.jpg

冬ネギを定植して数週間が過ぎたので見回りすると畦の真ん中あたりのネギが赤く見えたので何か根の障害で枯れているのかと思い近寄ってみるとネナシカズラに寄生されていた。
厄介な雑草でツルで伸びて寄生できる植物に巻きついて栄養をとるらしい、根はないのでエイリアンみたいなやつだ。
ネギに絡みつくから除草剤かけられないので手でむしるしかないので厄介。
[PR]
by imasa27 | 2015-05-21 21:42 | 仕事 | Trackback | Comments(1)

現代農業特選 なるほど便利 手づくり農機具アイデア集(DVD付) に掲載していだだけました

e0110055_19171089.jpg
e0110055_19172580.jpg
現代農業特選 なるほど便利 手づくり農機具アイデア集に以前掲載していただいたアイデア農機具関係の文書を載せていただきました。そして、付録のDVDに私の溶接作業がはいりました♪15分ほどの映像ですが動画撮影は丸一日かかりました、まだまだ暑い夏場だったので大変でした。編集部の方から溶接は一般的に知られている被覆アーク溶接でと頼まれていたので普段は半自動しか溶接はやらないので事前にかなり練習しました。とにかく上進の立向き方向は気を使いました・・・。出来上がったDVDを見てみると嬉しさよりも恥ずかしさのほうがうえですね。
[PR]
by imasa27 | 2015-03-23 19:31 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

地上に掲載していただけました

家の光協会の雑誌のひとつであります「地上4月号」にアイデア一本勝負のコーナーに掲載していただきました。前回の11月号のときは袋詰めスタンドでしたが、今回は真空播種器とセルトレイ播種穴プレスの2点をのせてもらいました。

e0110055_22160736.jpg
e0110055_22162193.jpg

[PR]
by imasa27 | 2015-02-26 22:17 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

農作業靴

e0110055_19554100.jpg

e0110055_1955471.jpg

e0110055_1955411.jpg

e0110055_1955439.jpg

e0110055_1955493.jpg

ハウスでトマトの収穫・管理作業しているときは運動靴でも大丈夫ですが露地畑で作業するときは運動靴では土が靴の中に入ってしまうので地下足袋などを使います。
しかし冬場は畑が湿っていることが多いし土が冷えているので地下足袋は履きたくないです。
長靴は歩き難いのと作業によっては長靴の上から泥が入ってしまうのでいまいちです。
そこで肥料散布から堆肥まき、機械作業、冷たい土の上でも使いやすいのがベルクロタイプの安全靴です、脱ぎ履きしやすいし足の中に泥が入りにくいしある程度靴底が厚いので寒くないし、ハウスの屋根も歩きやすいです。
そんな使い勝手の良いベルクロ靴でも土がベルクロに入り込むとすぐに接着力がなくなって外れてしまいます。
そこでカシメ式のホックを付けてみました、ドリルで穴を開けてホックを挟みこんでからカシメます、それを両側やって完了です♪
さっそく作業で一日履いてみましたが泥でベルクロが外れることなく快適に作業できました♪
[PR]
by imasa27 | 2015-02-10 19:05 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

宮丸マックスローター

e0110055_13183610.jpg

e0110055_13183669.jpg

e0110055_13183690.jpg

e0110055_13183678.jpg

e0110055_13183641.jpg

露地で栽培しているほうれん草・小松菜・コカブ・にんじんなどはベットを作らずにベタ畦で栽培しています。
近年夏秋の雨の降り方がゲリラ豪雨だったりするので排水性の期待できないベタ畦だと部分的に湿害を受けてしまうところができてしまいます。
なるべく栽培している作物が平均的に育って欲しいので今年度からは排水性を考慮して畦を立てて栽培しようと思っています。
そこで宮丸アタッチメントから販売されているマックスローターを購入しました。
私の通路の取り方の関係でローターの幅は60cmの最大のものを選びました。取り付ける管理機はクボタのTA6マイグッティを本機にしてロータリーはネギの土揚げ作業に使うR18ロータリーにセットします。
とりあえずどんな感じで作業できるのか空いた畑を耕して縄ずりして作業してみました。
チェーンケースは高速のままでエンジン回転は低速、前進2、ベット高さは7cmくらい。
自分が思っていたよりも綺麗に歩き部分の土が平に削り飛ばされます、幅もジャスト60cmの通路になりました。
最初に両排土ローターを使ってから片排土ローターに付け替えてみましたが綺麗に作業できました。
排土板を使わなくても平に通路ができるのはすごい!!!!
このマックスローターなら手早く綺麗にベット作りが出来ると思いました。
最後に一工夫、ローターを固定する長ボルトが付いていますがスプリングワッシャー類がボルトから簡単に抜けるので畑でローターを交換するときにワッシャーを落として紛失しないようにボルトの途中に溶接で肉盛りしてワッシャーが抜け落ちないようにしておきました。
このマックスローターを使って良い野菜が出来れば良いなと思っています。
[PR]
by imasa27 | 2015-02-08 13:18 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

現代農業に掲載していただきました(3)

e0110055_17271296.jpg

e0110055_17271236.jpg

現代農業1月号にのせていただきました。
今回は酸素溶接について書きました、これで被覆アーク溶接、半自動溶接、酸素溶接と一通り取り上げたので連載終了となりました。
この溶接方法以外でTIG溶接でアルミやステンレスも溶接していますが農業雑誌で取り上げるには一般的ではないと編集部から話しがあったのでやめました。
慣れない原稿書きで四苦八苦しましたが編集部の担当の方からアドバイスや手直しをしていただけたのでなんとか形になりました。
普段から読んでいた現代農業に自分の写真と文章がのるのは恥ずかしいですがとても貴重な体験ができて嬉しかったです。
[PR]
by imasa27 | 2014-12-09 17:27 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

農業とフリークライミング、溶接、手作り農機具のDIY日記
by 甘熟とまと
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログジャンル

フォロー中のブログ

最新のコメント

こんにちは、トラクターの..
by 余計なお世話? at 02:12
過去記事なので返答いただ..
by たぬこ at 16:09
まさとさんコメントありが..
by imasa27 at 12:41
はじめまして。 私もビ..
by まさと at 17:58
> クラフト親父さん ..
by imasa27 at 22:21
初めまして。 トラック..
by トラックショップジェット at 15:04
いいですね~。小さいお子..
by クラフト親父 at 18:09
クラフト親父さんコメント..
by imasa27 at 21:17
すばらしい! 随所に工..
by クラフト親父 at 17:03
Kawaさんコメントあり..
by imasa27 at 22:42

プロフィール


居住地:埼玉
性別 :♂
年齢  :三十代
職業  :専業農家
趣味 :溶接:被覆アーク溶接:半自動溶接:交直流TIG溶接:ガス溶接溶断までやります&手作り農機具&修理&DIY&フリークライミング

*高校山岳部時代にクライミングを体験してはまる。
当時は民間ジムに行くお金がなかったので、千葉県の野田市体育館に併設の壁で登っていました♪
卒業後は8年ほどクライミングから離れ冬眠しバイクに熱中!!
そして最近「ミストラル」があることを知りクライミング復活!!
オーナーさん&常連さんの課題で特訓中♪
2010年秋ごろからクライミング日数が激減。
細々とクライミングやっているようなやめているような感じで続けています。



画像一覧

検索

ファン

イラスト:まるめな