甘熟とまと

じょうろ作り

e0110055_21050755.jpg
農作業でじょうろを使いますがハウスに置きっぱなしにしておくとプラスチック製のじょうろは干割れしてバラバラになってしまいます。今まで使用していたのは13リットルのプラスチック製大型じょうろを使っていましたが干割れしてしまいました。
e0110055_21080732.jpg
水を満タンにして取っ手を持つと折れそうなくらいプラスチックが劣化しています、そこで長年使える金属製のじょうろが良いなと思いいろいろ探してみましたが大型じょうろは売ってはいなかったです。売っていないならいつものように自分で作るしかないので適当な材料を探してじょうろ作りをはじめました。
e0110055_21142865.jpg
本体の缶は土壌消毒の空き缶がいくつも家にあるのでそれを使います、20リットル缶で容量的に大きいし金属製なので頑丈です。市販のじょうろの蓮口を使うのでその径に合うパイプを探していたら丁度良い口径のアルミパイプがありました。
e0110055_21182099.jpg
16mmパイプをメイン竿にして補強目的で19mmパイプを斜めに合わせます、19mmパイプから16mmパイプに水が通れるようにお互いのパイプの合わせ面に口を開けておきました。
e0110055_21222129.jpg
TIG溶接でアルミパイプを接続します。

e0110055_21232743.jpg
パイプを溶接したら缶本体に接続するためのベース板をアルミ板から切り出して穴開け加工をして溶接します。缶はスチール製なのでアルミパイプを直接缶に溶接できないのでベースが必要です。
e0110055_21253616.jpg
グルッと溶接します。アルミ溶接は慣れていないのでタングステン電極を汚してしまい研ぎ直すことが多々あります。

e0110055_21273412.jpg
缶に差し込むために少しだけパイプを出しておきました。
e0110055_21282480.jpg
缶本体にパイプ穴とリベット穴を開けておきます。
e0110055_21290074.jpg
缶上部の水を入れる部分を開けるわけですが缶の一部を切り取ると弱くなると思ったので補強を入れます。何か丁度良い補強になるものがないかと探していたら、台車のいらなくなったホイールがあったのでそれを一部分切りとって補強材にしました。
e0110055_21315158.jpg
ホイールは微妙に湾曲しているのでケガキ線を書くのが難しいので万力にマジックペンを固定してトースカンのようにして線を引きました。トースカンは持っていないので・・・。
e0110055_21343819.jpg
ホイールを切断したら缶にも穴を開ける。
e0110055_21364426.jpg
違う缶から取っ手を外す、スポット溶接でついているので3mmドリルで穴をあけると簡単に取っ手がとれます。
e0110055_21380548.jpg
取り外した取っ手を缶の横に溶接して取り付けます。
e0110055_21390954.jpg
缶とパイプはリベットで取り付けますが水漏れする隙間があるのでコーキング剤で漏れ止めをしておきます。
e0110055_21403534.jpg
これでじょうろとしては使用することが可能になりました。しかし、農薬等の希釈散布するときに水量がどの程度入っているか確認できるように目盛を作ります。
e0110055_21422825.jpg
空の缶に計量した水を5・10・15・20リットルずつ入れてその都度水の入っているラインをスケールで測っておきます。そして缶の外側から測っておいた長さで穴を開けます。
e0110055_21454935.jpg
全ネジを目盛代わりにしました、錆びると嫌なのでステンレスネジを買ってきました。
e0110055_21465850.jpg
丈夫なスチール缶と言っても板厚は薄いので注意しながら半自動溶接機で溶接します。
e0110055_21480056.jpg
下から5リットル・10リットル・15リットルの目盛が出来上がりました。
e0110055_21510293.jpg
目盛も完成したので錆止めにペンキを塗りました。
e0110055_21514451.jpg
シルバーが良いかと思っていましたが売っていないので青色にしました。
e0110055_21524182.jpg
20リットル満タンにすると流石に重いですがバランスが良いので使い勝手は良いです、竿のパイプが長いためか散水距離も今まで使っていたじょうろより飛ぶので作業範囲が広くなりました。頑丈なじょうろを作れたので農作業が楽しくなります♪こんどは何を作ろうかな??


[PR]
by imasa27 | 2016-09-18 22:31 | 工作・修理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inouefarm.exblog.jp/tb/24666455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

農業とフリークライミング、溶接、手作り農機具のDIY日記
by 甘熟とまと
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログジャンル

フォロー中のブログ

最新のコメント

過去記事なので返答いただ..
by たぬこ at 16:09
まさとさんコメントありが..
by imasa27 at 12:41
はじめまして。 私もビ..
by まさと at 17:58
> クラフト親父さん ..
by imasa27 at 22:21
初めまして。 トラック..
by トラックショップジェット at 15:04
いいですね~。小さいお子..
by クラフト親父 at 18:09
クラフト親父さんコメント..
by imasa27 at 21:17
すばらしい! 随所に工..
by クラフト親父 at 17:03
Kawaさんコメントあり..
by imasa27 at 22:42
自分で直してしまうなんて..
by Kawa at 00:20

プロフィール


居住地:埼玉
性別 :♂
年齢  :三十代
職業  :専業農家
趣味 :溶接:被覆アーク溶接:半自動溶接:交直流TIG溶接:ガス溶接溶断までやります&手作り農機具&修理&DIY&フリークライミング

*高校山岳部時代にクライミングを体験してはまる。
当時は民間ジムに行くお金がなかったので、千葉県の野田市体育館に併設の壁で登っていました♪
卒業後は8年ほどクライミングから離れ冬眠しバイクに熱中!!
そして最近「ミストラル」があることを知りクライミング復活!!
オーナーさん&常連さんの課題で特訓中♪
2010年秋ごろからクライミング日数が激減。
細々とクライミングやっているようなやめているような感じで続けています。



画像一覧

検索

ファン

イラスト:まるめな