甘熟とまと

第二種電気工事士試験合格

e0110055_0492153.jpg

e0110055_0492136.jpg

e0110055_0492122.jpg

e0110055_0492165.jpg

e0110055_04921100.jpg

自分で溶接やら木工、機械のメンテナンスから修理まで手がけるのが好きですが、自宅や作業場、農業用ハウスなどの電気工事も自分で合法的にやれたら良いなと思っていました。
電気工事をするには資格が必要で第一種と第二種電気工事士の二つがあって600V以下の一般用電気工作物の電気工事をするには第二種の電気工事士と言う資格を取得しないと電線の取付、結線、コンセントや電灯の増設、アース工事などできないことになっています。
巷のホームセンターには電材が沢山売られているので無資格でも買いやすい環境ではありますが趣味の延長で第二種電気工事士取得のために今年は頑張ってみました。
ただ私は工業高校の電気科を卒業したわけではない全くの素人なので独学で合格できるか見当もつきませんでしたが本屋で参考書を何冊か買って取り組みました。
試験は3月下旬に受験申込、学科と技能の両方あり6月上旬に学科試験があり合格したら7月下旬に技能試験を受ける流れになります、年1発勝負の国家試験を受けるのは初めてです。
受験にあたって一番問題だったのが促成トマトの収穫期間と露地野菜の作付け期間とかなりかぶるので試験勉強ができるのか不安でした。
4・5・6月は仕事が終わるのが夜の11時近くまでかかるので勉強は12時までの1時間程度やっていました。
でも仕事終わった後の遅い時間なので頭がボォッとして昨日やった計算式が思い出せなかったり、住宅配線図を読んで複線図を書くのも集中できない日もありましたが地道に少しづつ2ヶ月かけて参考書を解いていきました。
学科試験地は芝浦工大で会場にはかなりの人数が集まっていて、学生服を着たグループも相当いました、年齢層も還暦くらいの方まで幅広い感じです。
実際の試験は順調に解くことができましたが自己採点で94点でした、マークシートの誤記載がなければ合格できただろうと考え、合格通知前から7月末の技能試験に向けて準備しました。
技能試験は事前に13課題の問題が施行条件だけは指定されないが毎年公表されるので材料を用意して練習を繰り返せば素人の私でも合格の道が見えてくると思いました。
公表されている13課題は全く異なる配線図なんですが共通するのはランプレセプタクルや引っ掛けシーリングが部材として必ず使われるのでランプ台座の「のの字曲げ」はかなり練習しました。
技能試験は40分以内に施行条件に従って完成させないといけないので手早く作業をやるのにホーザンの電工ストリッパーP957と合格ゲージをセットで買いました。
VVFケーブルの1.6mm~2.0mmの2芯3芯まで剥けるし、先端でのの字曲げが簡単にできる、合格ゲージに合わせて銅線を切ればmm単位で器具に合わせた配線長さにカットできる、まさに資格試験の為の道具だと実感しました。
事前にスーパービバホームで100m巻きのVVFや点滅器、コンセント、パイロットランプ、アウトレットボックスなど購入、なんだかんだ4万円くらいかかったかな?
通信教育や職業訓練校に通ったと思えば安いのかな?
各課題を3回づつ練習できたらと考えていましたが結局実技試験前までに2回づつしかできませんでした。
そして実技以上に重要だと感じたのが単線で出題される問題を複線図に書き直して配線間違いを絶対しないことだと考え、複線図の練習もかなりやりました。
そんな感じで実技の練習をすると1課題が複線図書き4分、課題作成20~23分、計25分前後で課題が完成できるようになりました。
あとは実技試験を待つだけでしたが学科試験と同じ会場だと思っていたら越谷の獨協大学でした。
技能試験は土日の2日間に分かれていて、私は日曜日の試験でした。
初日の土曜日に受験した人の問題は4路点滅器を使った課題だったそうです。
もしかして日曜日も同じ課題かな?と甘い考えをしながら工具を入れた重いリュックを背負い松原団地駅を降りると試験を受ける大勢の人がいました。
会場の教室に入り準備していると隣に座った人はいかにも電気屋って感じで工具もかなり使い込んだものを置いていました。
試験説明を監督から聞きながら配られた問題用紙を見ると前日の問題とは別のE管を使った金属管工事の課題でした。
試験開始の緊張もピークでしたが普段の練習通り、複線図から書き始めて施行条件を最後まで確認しました。
今回の支給材料に黄色の外皮のIV線があり、この黄色IVの使う部分の指定が施行条件に書かれていたのでこれを読み落として間違った施行した人は施行条件違反で一発アウトだったみたいです。
とにかく何時もと同じ要領でやれば大丈夫と言い聞かせながら作業したら25分くらいで終わりました。
リングスリーブを圧着する時は絶対間違えていないかとても緊張したな。
私の隣にいたプロっぽい人は試験開始直後から複線図を書かないですぐに課題作成に入ったから15分位で終わるんだろうなと思っていましたが私より作り終わるの遅かったな。
課題の見直しと机の掃除をして40分経過とともに終了の合図があり順番に教室から退出して試験は終わりました。
合格発表まで1ヶ月以上かかるのでモヤモヤした気持でしたが発表日にネットで確認すると「あなたの番号は合格者の一覧にあります」の文字が見れて本当に嬉しかった。
あとは合格通知書をもらって申請すれば第二種電気工事士の免状が届くはずです。
今回試験に受かることができ電気工事の入口に立つことができたけど、プロは第一種電工の高圧資格は当たり前に持っているだろうし、一種二種三種といった電気主任技術者の超難関資格も取得に励むのだろうけど私は農業が生業なので上級資格は実務経験もないのでとれないから二種電工で十分満足です。
アルバイトで電気屋さんの手伝いすることがあれば大昔に受講した低圧電気特別教育の修了証もあるから大丈夫かな(^w^)
試験勉強はしたけど実際の工事はまだわからない ことが多いから今後も楽しみながら勉強してみたいとおもいます。
電気違いだけどいつか被覆アーク溶接のJIS技能検定を取得してみたいな。
まずはA2F基本級からだろうけど、専門級のパイプまける技量までいけたら最高だろうな(^w^)
[PR]
by imasa27 | 2013-09-07 00:49 | 日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://inouefarm.exblog.jp/tb/21033516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤマザキ at 2013-09-08 03:21 x
凄いですね!実は今日、初めてスイッチを絡ませた照明器具を一個だけ付ける機会があってやってみたところでしたw。電気屋さんがやれば15~30分で終わるだろう作業に2時間かかりました・・・。それでも照明器具が点灯した時は嬉しかったですww。でもやはり違法なので、もうやらないと思いますけど。しかし、本職ではないのに資格まで取得してしまう甘熟さんの熱意は尊敬に値しますね。見習わなくては
Commented by imasa27 at 2013-09-08 12:59
ヤマザキさんありがとうございます。電気って身近な存在なんですが自分でいじろうとすると分からない部分が沢山あるので今回良い勉強ができましたf^_^;2ヶ所で入り切りする3路スイッチは初め理解出来ませんでした(^_^;)

農業とフリークライミング、溶接、手作り農機具のDIY日記
by 甘熟とまと
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログジャンル

お気に入りブログ

最新のコメント

まさとさんコメントありが..
by imasa27 at 12:41
はじめまして。 私もビ..
by まさと at 17:58
> クラフト親父さん ..
by imasa27 at 22:21
初めまして。 トラック..
by トラックショップジェット at 15:04
いいですね~。小さいお子..
by クラフト親父 at 18:09
クラフト親父さんコメント..
by imasa27 at 21:17
すばらしい! 随所に工..
by クラフト親父 at 17:03
Kawaさんコメントあり..
by imasa27 at 22:42
自分で直してしまうなんて..
by Kawa at 00:20
> クラフト親父さん ..
by imasa27 at 22:26

プロフィール


居住地:埼玉
性別 :♂
年齢  :三十代
職業  :専業農家
趣味 :溶接:被覆アーク溶接:半自動溶接:交直流TIG溶接:ガス溶接溶断までやります&手作り農機具&修理&DIY&フリークライミング

*高校山岳部時代にクライミングを体験してはまる。
当時は民間ジムに行くお金がなかったので、千葉県の野田市体育館に併設の壁で登っていました♪
卒業後は8年ほどクライミングから離れ冬眠しバイクに熱中!!
そして最近「ミストラル」があることを知りクライミング復活!!
オーナーさん&常連さんの課題で特訓中♪
2010年秋ごろからクライミング日数が激減。
細々とクライミングやっているようなやめているような感じで続けています。



画像一覧

検索

ファン

イラスト:まるめな